挙式のそれぞれの種類について

挙式とは結婚式のことを指しており、一般的にイメージされるものとしてはチャペルや教会で行われる西洋式のものがあります。



それ以外には日本古来のものとして神前式などがあり、こちらは伝統を重んじているとして最近注目を集めている挙式として知られています。



このように挙式にはいくつかの種類があり、夫婦がどのような結婚式にしたいのかというイメージや理想によって様々なスタイルで結婚式を挙げることが可能となっています。

もちろん式場によって予算などは異なっていますが、日本国内であげることができるものとしては大きく分けて5つ存在しています。



まずは日本古来の神前式、そしてキリスト教が由来である教会結婚式です。

どちらも国内ではメジャーな結婚式となっており、ほとんどの場合はどちらかを選んで挙式をあげるということが多いようです。



そのため式場として提供されている数は多く、認知度も高いので非常に充実したサービスを期待することができると言うところがメリットです。



そしてこれら以外にも挙げられているのが仏前結婚式・自宅結婚式・人前結婚式と呼ばれるものです。



仏前結婚式は神前式と似ていますが式場が異なっており、自宅結婚式は名前の通り自分たちの自宅で揚げるものとして地方で伝わっている種類の一つです。


人前結婚式は参列者に対して結婚の誓いを立てるものであり、非常にシンプルな挙式となっています。



いずれもほとんどの場合は神前式もしくは教会結婚式の中に組み込まれているものとして、認知度は低いようです。



関連リンク

感動的で貴重な経験ができる挙式


海外で挙式をすると特にいい思い出になり、夫婦喧嘩したときも、海外での挙式を思い出すと冷静になれ仲直りできやすいメリットがあります。また、挙式の時にはできるだけ多くの知り合いにきてもらうようにすると、あれだけの家族や職場の友人にせっかく集まって祝ってもらったのだからできるだけ長く一緒に結婚生活をつづけていきたいという風に思えます。...

国内と海外の挙式について


挙式は夫婦となる男女にとっては一大イベントとなる冠婚葬祭であり、おめでたい冠婚葬祭の部類の中で最も盛り上がるイベントとなっています。そのため最近では国内だけではなく海外で挙式を上げると言うケースも増えてきており、結婚式も多様化してきている傾向があります。...