国内と海外の挙式について

挙式は夫婦となる男女にとっては一大イベントとなる冠婚葬祭であり、おめでたい冠婚葬祭の部類の中で最も盛り上がるイベントとなっています。



そのため最近では国内だけではなく海外で挙式を上げると言うケースも増えてきており、結婚式も多様化してきている傾向があります。



では、国内で挙げる場合と海外で挙げる場合のそれぞれのメリットは何かと言うと、まず国内で挙げる場合は治安などの安心感が一番に挙げられています。



また、招待客にとっても足を運びやすくなっており、比較的参加しやすくなっているので招待する方としても安心して招待しやすくなっています。



また、日本語が通じるのでプランナーとの打ち合わせもしやすく、夫婦もそれぞれ予定をすりあわせやすいので挙式の準備をゆっくり行うことが出来るようになっています。



そして海外の場合はなんと言ってもリーズナブルであるというところが最大のメリットとなっており、国内での予算はおよそ300万円ほどであるのに対し、海外の場合は100万から120万程度で収まることがほとんどです。



また、準備期間に関しても国内ほど時間をかけずに準備することが出来ますし、新婚旅行を兼ねて利用することが出来るので予算をさらに抑えることが可能となっています。
そしてなんと言っても海外での挙式は憧れている人が多いので、理想の結婚式をあげることができます。



このようにそれぞれデメリットがあるので、そのような結婚式をしたいのかしっかり話し合うことが大切です。



関連リンク

国内と海外の挙式について


挙式は夫婦となる男女にとっては一大イベントとなる冠婚葬祭であり、おめでたい冠婚葬祭の部類の中で最も盛り上がるイベントとなっています。そのため最近では国内だけではなく海外で挙式を上げると言うケースも増えてきており、結婚式も多様化してきている傾向があります。...

感動的で貴重な経験ができる挙式


海外で挙式をすると特にいい思い出になり、夫婦喧嘩したときも、海外での挙式を思い出すと冷静になれ仲直りできやすいメリットがあります。また、挙式の時にはできるだけ多くの知り合いにきてもらうようにすると、あれだけの家族や職場の友人にせっかく集まって祝ってもらったのだからできるだけ長く一緒に結婚生活をつづけていきたいという風に思えます。...